2019年01月18日号

簡単きらきらキャンドル


 北国ならではの楽しい冬遊び。夜を飾るのは、雪で作るスノーランタンや氷のアイスキャンドル。色をつけたり楽しんで、家々が玄関や庭を雪と氷の灯りで飾ったら、凍てつく冬の街も、あったか~い、幻想的な光の国。みんなでそれぞれ作れば、いつの間にかその街は夜空に浮かぶ「夢の世界」。


バケツを使った雪灯篭(とうろう)の作り方


 バケツと大きめの空き缶などを用意して、空き缶を、口を下向きにして、バケツの中に置く。上から雪をどんどん詰めてゆき、途中は手で押し、最後はスコップで叩いて雪を圧縮する(圧縮が弱いとうまく行かないので、しっかり押し付けるのがコツ)。口まで雪を詰めたバケツを、引っくり返し、バケツを叩いたりして、中の雪ごと、プリンの要領で雪面に出す。中の空き缶を取り出し、ロウソクを置けば、完成。


超簡単!スノーポケットキャンドルの作り方


 路肩の雪山にビール瓶や一升瓶などを使って20~30cmほどの深さの穴を開けます。穴の底にキャンドルを挿して置くだけ。一直線に並んだりすると幻想的な演出が…。


アイスキャンドルの作り方


 バケツに水を入れて外に置き、外側が1~2cm凍ったら中の水を捨ててロウソクを立てる。きれいな氷にするには、バケツを木片などに乗せて地面から浮かせることと、湯ざましを使うのがコツ。


スノーキャンドルの作り方


 キャンドルを置きたい場所の周りから雪玉を並べてピラミッドやドーム状に囲う。上は手が入る程度にすき間を空けて…。横のすき間から風が入って火が消えないように注意。


牛乳パックを使ったキャンドル


 牛乳パックの中に空き缶を立て、動かないように固定して缶とパックの間に水を注ぎ凍らせたら、空き缶にお湯を入れ取り出します。缶でできた空洞にロウソクを立てたら四角いキャンドルのでき上がり。


microSDHC 16GB

トラックバックURL:

« 年頭のごあいさつ(札幌市長) | TOP | 雪あそびいろいろ »

[PR]SEO対策済みテンプレート