2019年01月01日号

「次世代型人間ドックで老化の弱点を克服」

抗加齢医学の研究の第一人者・同志社大の米井嘉一教授迎え 1月12日、中央区

 アンチエイジング(抗加齢)についてわかりやすく解説する、札幌禎心会病院の市民医療講演会「いつまでも若く、健やかに!―次世代型人間ドックで老化の弱点を克服しよう!―」が1月12日(土)午後2時~3時30分、札幌国際ビル・8階国際ホール(北4西4)で開かれる。参加費は無料。当日直接会場へ。定員は200人。


 講師は、同志社大学生命医科学部・アンチエイジングリサーチセンターの米井嘉一教授。札幌禎心会病院の徳田禎久院長が座長を務める。米井教授は、医師として「トシですから仕方がないですね」という言葉を患者に対してどうしても口にしたくなかったことから老化のメカニズムとその診断・治療法の研究を始め、現在は抗加齢医学研究の第一人者。


 問い合わせ/札幌禎心会病院広報室【TEL】712―1266。


水着 花火 セット

トラックバックURL:

« 「キタラのニューイヤー」 | TOP | 講演会「寄り添うということ」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート