2018年12月21日号

NHKスペシャル「おひとりさま 女7人マンション物語『~“最晩年一歩手前”私たちの本音~(仮)』」


 NHK総合テレビ12月28日(金)22時~22時45分=


 阪神間のとある住宅街に建つ小さなマンション。ここで、高齢の女性たちによる、自分たち、そしてひいては後に続くかもしれない、すべての女性たちのための“実験”が始まっている。


 “おひとりさま”である7人の女性たちがマンションの部屋を別個に購入。それぞれの部屋を行き来し見守り合う“ともだち近居”という住まい方を選んだのだ。7人は、70歳から82歳まで、コピーライターやカウンセラー、民間企業の広報室長など“働く女性”として人生を歩み、“老い”や“ひとり”への不安や寂寥感を抱きながら、「でも、へこたれないわ」と背筋を伸ばしながら、人生を生きてきた。


 いま、7人は様々な課題に直面している。病気で入院したり、認知症になったらどうするか?介護や延命治療は?お墓はどうするか?…誰もが“老いて生きる”上で避けて通れない試練の数々を7人はどう悩み、どう乗り越えようとするのか?励まし合い、叱り合い、笑い合い、涙し合う“ホンネ”のやりとりを軸に、超高齢・超単身社会の幸福のあり方を見つめ、問いかけるドキュメンタリー。


クールジェル

トラックバックURL:

« 「常呂と太陽~本橋麻里のラストストーン~」 | TOP | 「本当にあったマル秘ミステリー」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート