2016年09月09日号

お魚ウォッチング「口と歯のふしぎ」

サンピアザ水族館秋の特別展…サメの歯の不思議ほか 9月10日~10月16日

 サメの歯の生えかわりの謎やタコやウニなどの「口」などをテーマに、海の生き物の口と歯の不思議や、いろいろな特徴、習性を紹介する秋の特別展「お魚ウォッチング『口と歯のふしぎ』」が9月10日(土)~10月16日(日)午前10時~午後6時30分(入場は6時まで)、サンピアザ水族館(サンピアザ隣)で開催される。入場料は高校生以上900円、3歳~中学生400円。


 大きな口を持ったヤイトハタや、一部の歯が失われると、後ろに並んでいた歯が前にせり出して、全て新しい歯に生え変わるサメなど、特徴ある口や歯をもつ魚や、口の中で稚魚を育てる「口内保育」などの変わった習性を持つ生き物などを紹介するほか、顎などの骨格標本などを展示。期間中の午後3時からは、イソガニ釣りも楽しめる。


 問い合わせ/サンピアザ水族館【TEL】890―2455。


エコポイント対象 テレビ

トラックバックURL:

« 「いじめは犯罪!教室に正義を」 | TOP | 岩見沢市・2016空そば祭り »

[PR]SEO対策済みテンプレート