2016年05月27日号

北海道パーキンソン病医療フォーラム

症状と工夫、手術についての講演、看護師による相談も… 6月4日、さっぽろ芸文館

 「第3回北海道パーキンソン病医療フォーラム」~「パーキンソン病とながーくお付きあい」ひとりひとり、そのときそのときを乗り越える~が6月4日(土)午後2時~4時、ホテルさっぽろ芸文館3階ロイヤルホール(北1西12、旧厚生年金会館)で開催される。入場無料。NPO法人「ポラリス」北海道神経難病研究会の主催。5月31日(火)までにFAXで申し込みが必要(先着700人)。


 ◆「今さら聞けない―症状と工夫のあれこれ―」=医療法人セレスさっぽろ神経内科病院・東琢哉副院長。


 ◆「パーキンソン病の手術ってなに?」=北海道大学病院神経内科診療教授・矢部一郎医師。


 【申し込み】名前と所属(患者・医療関係者・家族・その他)、住所、電話番号、FAX番号、同伴者人数、また車いすでの参加を希望する場合は、その旨も記入して、【Fax】780―5800に送信。


 問い合わせ/さっぽろ神経内科病院【TEL】780―5700。


キッズ・ベビー・マタニティ

トラックバックURL:

« 講演「西郷隆盛の子孫が語る秘話」 | TOP | あなたもタイムトリップ~北方資料の世界~ »

[PR]SEO対策済みテンプレート