2016年03月25日号

小樽で「シラカバ樹液採取ウォーク」

かんじきウォーク、シラカバ樹液採取・試飲… 4月15日、厚別発無料バスも

 「樹液採取ウォーク~かんじきハイクでシラカバの樹液を採取しましょう~」が4月15日(金)午前10時~午後3時、小樽市毛無山(小樽市朝里川温泉1丁目)周辺ほかで行われる。参加費2000円(かんじきレンタル代・保険料含む)。電話で申し込みを(定員20人程度)。厚別区役所ほかから発着する無料送迎バスも運行される。昼食は持参するか、弁当を希望する場合は事前申し込みと、昼食代600円程度が必要。暖かい服装で長靴を履いて参加を。持ち物はストック、保険証のコピー、昼食(持参する場合)、飲み物、500ml程度の空のペットボトル。


 当日は、厚別区役所(午前8時)、JR札幌駅北口(8時40分)、ちえりあ(9時15分)、JR小樽駅(9時50分)でバスが発着する。バスに乗って目的地に到着したら、まず室内で樹液採集の方法の説明を受け、その後かんじきを履いて森林を歩き、シラカバ樹液の採取。昼食後は樹液試飲会が行われる。


 シラカバは雪解けの時期(4月中旬頃)になると、芽吹きの準備のために地中から水を吸い上げ、幹に傷をつけると大量の樹液が採取できるという。樹液はほんのり甘く、そのまま飲んだりコーヒーや焼酎に入れて飲むことができるほか、炊飯に使うことも。


 申し込み・問い合わせ/自然の旅クラブ運営サポート事務局(NPO法人自然教育促進会内)【TEL】0134―51―5666。


USBメモリ 8GB

トラックバックURL:

« 「ご存知ですか?障害者差別解消法」 | TOP | 「北海道での野菜づくり」ほか »

[PR]SEO対策済みテンプレート