2015年11月06日号

NHKスペシャル アジア巨大遺跡・第4集「縄文 奇跡の大集落~1万年 持続の秘密~」


 NHK総合テレビ11月8日(日)21時~21時49分=


 「アジア巨大遺跡」の最終回は、日本人の原点ともいわれる、縄文文化。その象徴が、青森県にある巨大遺跡、三内丸山である。


 巨大な6本の柱が並ぶ木造建造物や長さ32mもの大型住居など、20年を超える発掘から浮かび上がってきたのは、従来の縄文のイメージを覆す、巨大で豊かな集落の姿だった。この縄文文化に、今、世界の注目が集まっている。芸術性の高い土器や神秘的な土偶、数千年の時を経ても色あせぬ漆製品。その暮らしぶりは、世界のどの地域でも見られない、洗練されたものとして、欧米の専門家から高い評価を獲得している。


 さらに、世界を驚かせているのが、その持続性。縄文人は、本格的な農耕を行わず、狩猟採集を生活の基盤としながら、1万年もの長期にわたって持続可能な社会を作りあげていた。こうした事実は、農耕を主軸に据えた、従来の文明論を根底から揺さぶっている。なぜ、縄文は、独自の繁栄を達成し、1万年も持続できたのか。自然科学の手法を用いた最新の研究成果や、長年の発掘調査から明らかになってきたのは、日本列島の豊かな自然を巧みに活用する、独特の姿だった。さらに、縄文とのつながりを求めて、取材班が訪れたのは、ロシアの巨木の森。そして、地球最後の秘境とも言われるパプアニューギニアで進められている、縄文土器の謎を探る調査にも密着。時空を超えながら、世界に類のない縄文文化の真実に迫っていく。


穴あきレギンス

トラックバックURL:

« NHK歌謡コンサート「古賀メロディーよ 永遠に」 | TOP | 駆け込みドクター!運命を変える健康診断「認知症」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート