2015年09月25日号

乳がんの克服は可能か?

専門医による講演とパネルディスカッション 10月11日、札幌市医師会館

 札幌西ロータリークラブと、乳がんの早期発見・診断・治療の啓発を行っているピンクリボンinSAPPOROが共催する市民講演会「乳がんの克服は可能か?」が10月11日(日)昼12時20分~午後5時、札幌市医師会館(大通西19)で行われる。入場無料。9月30日(水)までに名前と連絡先を書いて、FAX(【Fax】823―9552)で申し込みが必要。


 ◆基調講演①「乳がん医療の現状と将来」=札幌ことに乳腺クリニック・浅石和昭理事長②「確かになったがんの免疫療法」=東札幌病院病理・免疫センター・佐藤昇志センター長(北海道対がん協会副会長)


 ◆パネルディスカッション「乳がんをめぐる課題とその克服にむけて」=パネリストは、大村東生(ピンクリボンinSAPPORO代表)、大串祐美子(東札幌病院看護部長)、若松邦子(北海道対がん協会保健師)、濱野徳子(患者家族代表)。司会はヘルスケアクリニック光・上出利光院長――。


 問い合わせ/ピンクリボンinSAPPORO事務局【TEL】676―3955。


矢井田瞳 CD

トラックバックURL:

« 発達が気になる子のための子育て講座 | TOP | 札幌マミーズ・ブラス「第8回定期演奏会」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート