2015年05月22日号

「小さな町の小さな映画館」ほか

映画館がテーマの2本のドキュメンタリーを上映 5月24日、サンピアザ劇場

 映画館をテーマにした2本のドキュメンタリー映画「小さな町の小さな映画館」と「旅する映写機」を観る上映会が5月24日(日)、サンピアザ劇場(サンピアザ隣り)で行われる。入場料1500円(2作品鑑賞OK)。


 映画産業が衰退し、更に過疎化が追い打ちをかける浦河町で90年以上続いている老舗映画館・大黒座の歴史をたどる「小さな町の小さな映画館」(①午前10時30分②午後3時15分/森田惠子監督、2011年・105分)と、映像データのデジタル化によって、国内から姿を消しつつある映写機と映写技師に焦点をあてた「旅する映写機」(①昼12時30分②午後5時15分/2013年・105分)の連続上映。会場では映画に登場する浦河町のパン屋「ぱんぱかぱん」のパンの販売、午後2時20分から森田惠子監督のトークショーも。


 問い合わせ/ノース・シアター・木屋さん【TEL】080―5597―5959。


ウォークマン Wシリーズ

トラックバックURL:

« 札幌フィルハーモニー管弦楽団「第53回定期演奏会」 | TOP | 「イノベーションってなんだろう?」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート