2015年01月09日号

セミナー「縄文の家族を考える」

講演と縄文太鼓演奏など 1月10日、紀伊國屋札幌本店

 縄文時代の人々は、どんな暮らしをしていたの?家は?食事は?衣服は?家族のカタチは?……北の縄文セミナー「縄文の家族を考える」が1月10日(土)午後1時、紀伊國屋札幌本店1階インナーガーデン(北5西5)で行われる。参加無料。当日直接会場へ。北海道・北東北地域に点在する縄文文化遺跡を世界遺産に登録するための活動をする、北の縄文道民会議と北海道文化財団ほかの主催。


 講師は、北海道教育庁生涯学習推進局文化財・博物館課主幹の西脇対名夫さん。数千年前の北海道で、独自の文化を作り上げた縄文人たちが育った家庭や当時の社会について、遺跡に残された住まいの跡から考える。会場では太鼓演奏者・茂呂剛伸さんによる縄文太鼓の演奏なども。


 問い合わせ/紀伊國屋書店【TEL】231―2131。


フルーツ 福袋

トラックバックURL:

« 小狸寄席「新春!招福初笑!」 | TOP | 第68回「ちえりあロビーコンサート」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート