2014年02月21日号

グレーテルのかまど「太宰治の甘酒」


 NHK・Eテレ2月21日(金)21時30分~21時54分=


 太宰治の初期の作品の中に甘酒屋が登場する小説がある。「ダス・ゲマイネ」という題名のそれは、太宰自ら「ずばぬけている」と評した自信作。


 39歳という若さで命を絶った作家・太宰治。青森の大地主の家に生まれ、故郷への愛憎相半ばする思いの中、東京で「自分とは何者か」を問い続けた。理想と現実のギャップを埋められず、空回りする若者像を描いた「ダス・ゲマイネ」はまさに太宰自身そのものだった。ではなぜ甘酒だったのか。こうじから作る本格的甘酒のレシピを紹介しながら、太宰が追い求めたものを探る。


神戸スイーツ

トラックバックURL:

« 「未来シアター」 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート