2013年05月24日号

「ポーランド映画セレクションⅢ」

映画史に残る名作を上映 6月8日・9日、狸小路

ロマン・ポランスキーなど“世界的”と評価される映画監督を輩出しながら、日本では公開されることが少ないポーランド映画のうち、1950年から60年代に制作された作品を厳選して道内初上映する「ポーランド映画セレクションⅢ」が6月8日(土)と9日(日)、札幌プラザ2・5(狸小路5丁目、旧東宝プラザ)で行われる。1作品一般前売り1000円・当日1200円、小中高大生当日前売り500円・当日700円、65歳以上のシニア1000円。8日の午後2時~5時10分は、ポーランドを代表するドキュメンタリー映画監督といわれるマチェイ・ドルィガス、ビタ・ジェラケビチュテ両監督の講演と作品上映が行われる(1作品上映チケットで参加OK)。


   上映される作品と時間は、①「エロイカ」(1957年/アンジェイ・ムンク監督)▽8日10時▽9日15時30分②「愛される方法」(1963年/ボイチェフ・イエジー・ハス監督)▽8日12時▽9日13時30分③「沈黙の声」(1960年/カジミェシュ・クッツ監督)▽8日17時30分▽9日11時30分④「夏の終りの日」(1958年/タデウシュ・コンビツキ監督)▽8日19時30分▽9日10時⑤「サラゴサの写本」(1965年/ボイチェフ・イエジー・ハス監督)▽9日17時30分――。


   問い合せ/札幌映画サークル【TEL】747―7314。


   本紙読者10人を招待 この上映会のチケット(1作品分)を本紙読者10人にプレゼント。応募はハガキに〒住所・氏名・電話番号を記入して、〒060―0806札幌市北区北6条西6丁目第1山崎ビル1階、札幌映画サークル「まんまる新聞チケットプレゼント」係まで。5月28日(火)必着。


ダイエットクッキー

トラックバックURL:

« 人と動物の素敵な関係講座Ⅲ | TOP | 「食生活改善推進員」講座の受講生を募集 »

[PR]SEO対策済みテンプレート