2011年02月18日号

樺太アイヌの歴史と経験

北大総合博物館市民セミナー 2月19日、北大総合博物館

北大総合博物館で開催中の「境界研究の拠点形成」第4期展示「先住民と国境」~アイヌと境界~に合わせた、土曜市民セミナー「アイヌと境界」~樺太アイヌの歴史と経験~が2月19日(土)午後1時、北大総合博物館1階「知の交流コーナー」(北10西8)で行われる。入場無料。誰でもお気軽に。


   講演は①「サハリンでの国境の変遷と樺太アイヌ」(北海道開拓記念館学芸員・田村将人さん)、②「私のライフストーリー:樺太アイヌとして」(楢木貴美子さん)――。樺太アイヌの歴史に焦点をあて、日本という国家の国境を語る際に、欠くことのできない「サハリン」と呼ばれている島の歴史を、歴史学の成果と個人の経験から多角的に紹介する。
 同展示は2月18日(金)~5月8日(日)、同博物館2階GCOE展示ブースで開催。


   問い合わせ/北大総合博物館【TEL】706―2658。


健康サプリ 福袋

トラックバックURL:

« トークステージ「仕事のチカラ」 | TOP | 公教育の現場で何が起きているか… »

[PR]SEO対策済みテンプレート